2019.09.12

シニアライフ 日本文化

VOL.5850 にじいろふぁーみん料理教室

VOL.5850 にじいろふぁーみん料理教室

のふぁーみん料理教室メニューは、災害に備え缶詰めや乾物を使った非常食メニュー。

9月のメニューを決めたのは2ヶ月前ですが、まさに今 必要な料理となりました。

切り干し大根 やかんぴょう、黒豆、根菜ピクルス 缶詰などなど 停電時でも腐敗の心配が無い食材です。

どちらかと言うと地味なメニューなので 主催者様は 受講生を集めるのに苦労された思います。
目新しいもの 華やかな料理に心惹かれるのはあたり前です。
でも、ウケだけを狙わず、地味でも、昔から受け継いできた家庭料理の知恵をきちんとお伝えして行きたいと思っています。そこを理解して開催させて頂けた事に感謝しています。

災害用の食料品セットなどを買い込んでは、賞味期限が切れて無駄にする方も多いようです。

そうではなく 普段から 乾物を使った料理を食べ続ける事が大切だと思います。

冷蔵庫や冷凍庫だけに頼らず、常温で保存がきく食材を常備しましょう!
鰹節 昆布 塩昆布 海苔 乾燥ワカメ ヒジキ 胡麻 大豆 小豆 梅干し 切り干し大根 かんぴょう 干し椎茸など 素晴らしい出汁が出て 栄養たっぷりの食材が沢山あります。

組み合わせを工夫すれば本当においしく頂けます。

今日は切り干し大根を水に戻して手作り胡麻ドレッシングをかけただけの火を使わないサラダ。

熱湯をかけるだけで味噌汁ができる味噌玉作り。

カセットコンロを使ってお鍋で炊いたご飯🍚

かんぴょうを塩でもみ 下処理して出汁と豚肉で炊いた煮物

黒豆を水で戻してオーブンで焼いた煎り大豆と、その豆で作ったクッキー 1年保つ根菜のピクルスなど たっぷりと非常食を作って持って帰って頂きました。

明後日の子ども食堂でも同じメニューを紹介しようと思います。
普段から備える大切さ を伝えていきます。