VOL.6288 しらはた農園のワイン MOTO


今朝の神戸新聞 
地産地消くらぶに掲載されていたしらはた農園MOTO
マスカットベーリーAのワイン🍷を去年みんなで飲んだ事を思い出しました。

代々大事にされて来た葡萄🍇の木が切られそうになった。
でも次へ受け継がれてワインになった。
そして多くの人に届くって素敵な事✨

葡萄🍇の賞味期限は短いけれど、形を変えてワインになれば 命が長くなり多くの人の手元に届きます。

ワインはとてもサステイナブルな果実です。
土や水 自然の大切さが分かります。
醸造技術も必要で多くの人の手を借り、繋がりが広がります。
ボトルを作る人 エチケット(ラベル)のデザインをする人 ワインを運ぶ人 販売する人 レストランに運ばれ ソムリエさんを始めスタッフの手に渡る。 多くの仕事が生まれる。
次から次へと人に手を渡り 最終的に食卓に登り会話を促し 食事を楽しく&美味しくします。

ワインは人を繋げる飲み物。
だから私はワインが好きです。
その中でも特に物語の有るワインが好きです。
マスカットベーリーAでつくられた🍷ワイン。
OIV(世界ぶどう機構)に最初に認められた日本ぶどうのワイン
まだポピュラーではないので多くの人に認めて貰うのは本当に難しいですが、努力は全て物語になってワインに味を添えると私は信じています。
作りての田中さんにエールを送ります。
しらはた農園さん簡単に🏳白旗あげないで下さいね(笑)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる